中高年や熟年からの結婚・婚活や就職、仕事について

当HPはアラフォーの中高年から50、60代以降の熟年の方々の就職・求人情報や仕事、結婚生活などについての悩みや体験談などをまとめているサイトです。

中年女性の就職について

   

47歳専業主婦です。
数年前から、義理の両親の介護もあり、仕事を辞め専業主婦になりました。

就職に有利な資格を取得

chukou9我が家は、主人がいわゆる転勤族の為、結婚後は、私自身、正社員にならず、契約社員として幾つかの職場を渡り歩いてきました。
職種も、事務系、営業系、介護系と様々で、その職種に必要な最低限の資格なども、取得してきました。資格については、無資格より資格があれば、より有利との考えから、通信教育で幾つかの資格を取得してきました。
chukou10
30代前半の頃は、就職活動に苦戦した経験は、それほどありませんでした。
ジャンルにとらわれず、興味があった職種に就職する事が出来ました。
正社員雇用のお話を頂いた事もありましたが、主人の転勤の事を考えると、正社員になり仕事をするという選択が私にはありませんでした。
転勤が決まれば、その土地を離れなくてはいけない、仕事を辞めなければいけない、それを考えると立場的には、契約社員やアルバイトという位置付けは、私にとっては、ベストの選択でした。

希望する職種と年齢制限の壁

chukou11ところが、30代後半になると、就職活動の壁にぶつかるようになっていきました。
これまで経験のあった職種でも、なかなか就職出来ない。
求人情報の年齢欄でなかなか条件を満たす事が出来ない、いわゆる年齢制限オーバーです。
その頃、初めて、年齢という枠の現実の厳しさを知ることになりました。
希望する仕事と、出来る仕事は違うというギャップです。
女性は特に、この年齢の壁を痛感するのではないでしょうか。

中年だからこそできる仕事を

chukou2なかなか希望の職種に就職出来ずに困っていて、公的機関の相談窓口で、『逆に、年齢を重ねたからこそ出来る仕事もあるので、希望職種を変更してみてはいかがですか』とアドバイスを受けました。
就職に希望する条件を、良い意味で妥協する事も必要だという事を知りました。
確実に仕事に着くには、考え方や見方を変えてみるのはキーポイントだと。

中年の就活は、若い時と比べて、本当に厳しいです。
選べる職種も、選択肢が減ってしまい、なかなか自分の希望する仕事に付く事は難しいように思いますで

ですが、中年と言われる年齢層にも、その年齢層にしか出来ない仕事がたくさんあります。またそんな仕事がたくさん出てきて欲しいと思います。

あせらずに目線を変えて

中年層の就活がもっとスムーズにいくには、自身の考え方を変えてみると、また次のステージでモチベーションを落とさずに、働く事が出来るのだと判りました。

介護が落ち着いたら、また、仕事はしたいと思います。
中年の就活、中年パワーで頑張れる仕事に出逢えたらと期待しています。

 - 女性の仕事 ,